1. HOME
  2. ブログ
  3. 【新型コロナウイルス】通夜・葬儀に参列する時の注意点は?

【新型コロナウイルス】通夜・葬儀に参列する時の注意点は?

【新型コロナウイルス】通夜・葬儀に参列する時の注意点とは?

 

こんにちは、㈲大友葬儀社 お葬式相談員の大友美佳です。

 

新型コロナウイルスが世界中で拡大し、緊急事態宣言で不要不急の外出自粛や大人数が集まるイベントの中止など様々な影響が出てきていますね。

私も楽しみにしていたコンサートが中止になりました。岩沼の町でも人の外出や車の交通量が少なくなったと改めて実感しております。

ウイルスの拡散を防ぐ為には、仕方のない事だと思いますが、楽しみがなくなり疲れやストレスが溜まってきている方も多いのではないでしょうか。

 

ニュースで報じられる事はほとんどありませんがお葬式も、人が多く集まる以上ウイルスの感染のリスクが0ではないと考えられます。とは言え、お葬式はコンサートやイベントとは性質や意味合いが異なり葬儀規模を縮小することはありますが、中止する訳にもいきません。

 

 

今回は通夜葬儀に参列する際にどのような事に注意すれば良いのか、注意点をご紹介いたします。

まずは、改めて新型コロナウイルスの感染経路をおさらいしましょう。

 

 

【ウイルスはどのような経路で感染するのか?(感染経路)】

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では2つの感染経路が考えられています。

 

①飛沫感染

・感染者のくしゃみや咳、唾などの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染します。

(主な感染場所)学校や劇場、人が多く集まる場所など

 

②接触感染

・感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れてウイルスが付き別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

(主な感染場所)電車やバスのつり革、ドアノブ、手すり、スイッチなど

 

 

 

改めて感染経路を確認した上で、参列時の注意点を紹介いたします。

 

【通夜・葬儀の参列する時の注意点】

①マスクを着用する

マスクは、咳やくしゃみによる飛沫やウイルスなどの飛散を防ぐ効果があります。

マスクを付けることによって飛沫拡散防止や不特定多数の方が触る焼香台やドアの取っ手などを触れた手で、無意識にご自身の口や鼻を触り感染する事を防ぐ事も出来ます。

通夜葬儀に参列するお客様より「マスクを着けて参列しても失礼ではありませんか?」などの問合せをよく頂きます。

マスクを着けての参列は失礼でもマナー違反でもありません、安心してマスクを付けてご参列下さい。着けていないという事が今の状況ですとマナー違反になるのかもしれませんね。

 

㈲大友葬儀社ではご来館頂く全ての皆様へマスク着用をお願いしております。

当社ではマスクの配布を行っておりません。あらかじめご了承下さい。

▶厚生労働省HPより:感染症対策(PDF) 正しいマスクの付け方

 

 

②手洗いをする

ウイルス感染予防の基本は手洗いです。

流水と石けんを使い、指先・手の甲・親指・指の間・洗い残りやすい部分もしっかりと時間(約20秒)をかけて手洗いをしましょう。

洗い終えたら、流水でしっかりすすぎ、清潔なハンカチやタオル、ペーパータオルを使い充分に拭き取って下さい。

 

帰宅時・食事前だけではなく、何かに触れた際など可能な限り頻繁に手を洗う事を習慣づけするのがいいですね。

▶厚生労働省HPより:手の洗い方(PDF) 正しい手の洗い方

 

 

③アルコール消毒をする

ウイルスはどこに潜んでいるか分かりません。手洗いに更にプラスでアルコール消毒をすることでより感染防止効果が高まります。

ウイルスは人の手を介して汚染を広げていくため、手洗いだけでは落としきれずに残ったウイルスや細菌を除去するために、更にアルコール手指消毒を行います。

 

㈲大友葬儀社では、各会館(店舗・大光殿・北星館・心星館)の出入口、会館各所にアルコール消毒液を設置しております。ご利用下さい。

 

 

④間隔をあけて席に座る

周りの方と密集を防ぐ為に、充分な距離をあけて席へ座ることが良いでしょう。

通常の通夜葬儀での着席において、間隔をあけて座ることはありませんが、昨今の現状では可能な限り周りの方との間隔をあけて座りましょう。

 

㈲大友葬儀社では前後左右間隔をあけて席を配置しております。

 

 

⑤長話・長居はしない

お互いに手を伸ばしたら届くくらいの近い距離(約2m)で、一定の時間を対面で会話する事も大きな感染リスクとされています。

通夜葬儀の参列でご家族へのご挨拶など、全く会話をしないという事は難しいと思います。

ご家族とお話をする場合は、マスクを着用し、距離を1m(出来れば2m)あけて、短時間で会話する事を心掛け下さい。

 


上記5項目が通夜葬儀に参列する際の注意点です。

他にも「咳エチケット」「3密(密閉空間、密集場所、密接場面)を避ける」「外出をしない」など様々な感染予防法があります。

誰もが『感染者になるかもしれない』という意識をもって行動しないといけませんね。

 

▶厚生労働省HPより:咳エチケット(PDF) 咳エチケット①  咳エチケット②

 

 

1日も早く新型コロナウイルス感染症が収束する事を祈りながら、今自分たちが出来る事を全力で取り組みたいです。

この度の新型コロナウイルス感染症拡大により、混乱の最中にいらっしゃるかと思いますが、皆様のご健康とご安全を心よりお祈りいたします。

 

 

関連記事