1. HOME
  2. ブログ
  3. 大友由紀のまごころトーク①

大友由紀のまごころトーク①

遺言書は家族への愛のメッセージ

 

 

こんにちは、大友葬儀社 大光殿 専務の大友由紀です。

 

遺言書を書くなんて「まだまだ早い」「縁起でもない」など思っていらっしゃいませんか…?

 

私は、葬儀が終わった後に仲がよかった兄弟が遺産相続でもめて、骨肉の争いになってしまった方を何人も見てきました。

遺産分割協議書を作成するのに、「遺言書があったなら面倒な手続きやもめ事が避けられたのに…」と司法書士さんに言われた方を何人も知っています。

 

自筆の遺言書は、紙とペンと印鑑があればすぐにでも書くことが出来ます。

渡したいもの、伝えたいことを【住所・名前・日付・印鑑】さえあれば、誰にでもすぐに書くことが出来ます。

気が変われば、何回でも書き直すことができるのです。

 

遺言書は大切な家族が相続争いにならないようにするために、自分の愛を家族へ伝えるために書くものです。

 

年々、遺産争続が増えてきているそうです。相続争いをしている方のうち実に7割の方が相続税のかからない方々です。

「自分は大した財産なんて持っていないから遺言書なんて必要ない」「自分の家族はもめることはない」などとは思っていませんか?

 

遺言書は、相続トラブルの予防注射だと思ってください。

大切な人を守るために、心を込めて書いておいてほしいのです。

 

遺言書の中に財産分割をした理由、お金の使い道の希望や感謝のメッセージなどがあれば家族に気持ちが伝わると思います。

 

 

令和2年2月16日(日)に、いわぬま葬祭会館 大光殿において

『思いが伝わる遺言書の書き方』というセミナーを企画いたしました。どうぞ、お気軽にご予約の上ご参加ください。

 

 

関連記事